キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 ゲーム業界の風雲児 : 更新!ソーシャルゲーム第一人者のまとめ

ゲーム業界の風雲児

風雲児とは社会が変動した時に、竜のごとく現れ活躍する人のことを指し、梶原吉広さんにぴったりの表現といえます。

更新!梶原吉広のまとめメインイメージ

ゲーム業界の風雲児

今では青年実業家として成功されている梶原吉広さんですが、彼についてはソーシャルゲーム業界の風雲児であるという表現があります。

業界の風雲児という異名をとっているわけですが、風雲という言葉は、風に乗って雲を超えて竜が天に昇ることを表す言葉で、英雄が頭角を現した時に使われます。

そして、風雲児は社会が変動した時に、竜のごとく現れ活躍する人のことを指します。

まさに、梶原吉広さんにぴったりの表現ですね。

梶原吉広さんが、2005年に起こした会社は広告代理店で、従業員も自身を含めて3人という少人数でした。

広告代理店なので、当時はゲームとは全く関係のない業界で、インターネットを使うこともなく、会社では紙の広告をメインに扱ってたそうです。

しかし、広告業の経営が上手で、初年度で約2億5000万円の利益を稼ぎ出したそうです。

従業員3人の小さな会社で、初年度に2億円以上稼ぐというのもすごいと思いますし、2億円以上も売り上げがあれば、十分暮らしていけると思いますが、時代の流れをみてソーシャルゲームの業界に参入したそうです。

ここが、業界の風雲児と言われるように、世の中の流れを見て行動する素質があったということですね。

資金を投入してSNSの分野に乗り込もうと思ったわけです。

梶原吉広さんは、その状況を見て感じるものがあったそうです。

それで、広告代理店の会社で稼いだ資金を投入してSNSの分野に進出しようと思ったそうです。

◇実は「ソーシャルゲーム」のイメージが曖昧な方へ⇒いまさら聞けない ソーシャルゲームってなあに? [ゲーム業界ニュース] All About

↓気になるワードはこちらから検索↓

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索